スカイマークの座席について

スカイマークが大好きです

スカイマークが大好きです座席は移動するとき不便だけど、安いのでOK値段が安いので今後も使いたい

スカイマークは、ANAやJALなどの航空会社よりもはるかにお得な料金で利用することができる航空会社で、私も何度もお世話になっています。
同じ区間を移動するにあたり移動時間が変わらないため、サービスを削除しても料金が安い方が良いという方はスカイマークがおすすめです。
ただ、スカイマークを使用するうえで注意しておく点もいくつかあります。
この航空会社はドリンクサービスなどのサービスを削除している以外にも座席数を増やして1回あたりの移動単価を減らしているため料金が安く設定されています。
そのため、HALやANAよりも席と席の間隔が狭くなっているそうです。
このように聞くと、ゆったりとした席でゆっくり移動できるならJALやANAの方がいいと思う方も多いと思います。
最初は私もそう思っていました。
ですが、実際にのってみると「あれ?本当に席と席の間隔狭いの?」と疑問に思うほど対して狭いと感じることはありませんでした。

スカイマークの座席指定の落とし穴?

昨年、神戸から羽田空港まで、スカイマークを使って旅行しました。

最初は東京から京都へやって来て、丸1日観光し、帰りにスカマークを使用したのです。
初めて利用したのですが、決め手はお値段が安かったことでした。

お値段で決めたと言うことは、お金をあまりかけられない貧乏旅行で、仕事もあまり休めず、
夜行バスで早朝に帰京してそのまま出社しても良かったのですが、ちょっと体力に自信がなかったので、
スカイマークはその時神戸、羽田間で1万円切っていたので飛びつきました。

初めての神戸空港は、海の埋め立て地に建てられていて、
モノレールから神戸の街が見えてとても楽しい移動になりました。
到着して、朝ごはんも食べず飛び出して来たのでまず適当なカフェを探してモーニングを食べました。
そこで気がついたのですが、神戸空港って、出来てまだそんなに経ってない新しい空港だったという事。
つい羽田空港や成田空港をイメージしていたのですが、その2つほど大きさもなく、お店もあまりないと言う事でした。

朝食を済ませて、先にチェックインと、座席指定できるか確認に行きました。
カウンターはどこかのスポーツ選手の団体で結構混み合っていたのですが、
すぐそばに自動チェックイン機があったのでそちらでチェックインをし、ついでに座席指定をしてみました。

座席は余裕があったのですが、ガラガラに空いているというほどでもなく、1時間にも満たないフライトだし、
窓際がいいよなあと思いながら空席を見ていくと、
ちょうど真ん中部分の窓際が空いているのを発見し、急いで指定しました。
すると注意事項、なんて項目が出てきました。
曰く、「ご指定の席は非常口となっており、非常時はご協力いただくことになります。
またお座席の下にお荷物もお入れいただけません。
ご了承下さい」 非常時に協力?荷物を床に置けないってどこの飛行機も一緒だよね?とあまり気にせず、
そのまま指定して、プリントアウトされたチケットを受け取り、ルンルン気分で空港内の探検を始めました。

展望デッキからの海の眺望を堪能し、そしていよいよ搭乗。
実際、自分が指定した席に行ってみると、なるほど非常ドアっぽい。
え、非常時が起きたらこれ私が開けるの?まさか離陸前にコツをレクチャーされるのかな。
などと馬鹿なことを想像しながら手荷物のショルダーバッグを、前の席の下に置いたところ、
綺麗な客室乗務員の方がやって来て、そちらのお席は荷物は上の荷物置き場にお載せ下さい、
と優しく、きっぱり言われてしまいました。
え、前の席の下もだめなんですか。
はい、申し訳ありません。
貴重品は?貴重品はお手元に、前の物入れ(網のところですね)にお入れ下さい。

ええ、そういうことだったのか。
と、ここへきてやっと合点がいきました。
つまり非常時にそこのドア開けるから、手荷物あったら邪魔なのよ、という事なのでしょう。

何だか面倒だなあ、と思いましたが、まあ注意事項を読みながらここを選んだのは私だし、
と言われるまま長財布だけ取ってショルダーバッグを言われるまま上の荷物置き場に入れ、
入れてから、文庫本や携帯も出しておけばよかったと後悔し、でもまあ1時間程度のフライトだしいいか、
と諦めてシートベルトを締めました。

無事に離陸し、非常時も起こらずうとうとしていたら、機内販売の飲み物がやって来ました。
そう、スカイマークはコーヒーなどの飲み物が有料なのです。
でもコーヒー1杯で100円だし、買っちゃおうと思って長財布開けたら、1万円札しかない。

スカイマークさんで予約完了!みのりんと沖縄旅行に行けるぞ〜♪

— フレン (@frienshifo) 2017年9月1日
小銭入れはショルダーバッグの中。
え、1万円でおつりくれるのかな、やっぱり迷惑かなあ。
などと考えている間に機内販売は終わってしまいました。

そして非常時も起こらず無事に羽田に着陸しました。
ちょっと窮屈なような、でも楽しい体験となりました。